建設業界の業務効率化や働き方改革に関する
ノウハウや情報などを紹介するニュースメディア

 
TOP  >  建設会計ラボ  >  コラム  > 建設業向けERPシステムのおすすめ6選!ERPシステムの概要や導入するメリットについて解説

建設業向けERPシステムのおすすめ6選!ERPシステムの概要や導入するメリットについて解説

建設業向けERPシステムのおすすめ6選!ERPシステムの概要や導入するメリットについて解説
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設業の管理業務をサポートしてくれるERPシステムの導入を検討されている方も多いのではないでしょうか。ERPシステムを導入することで、業務効率を向上させたり、企業資源を一元管理できるようになったりと、多くのメリットが期待できます。

今回は、ERPシステムの概要と、導入するメリットについて解説します。建設業向けERPシステム6選もご紹介しますので、これから導入する際の検討材料としてぜひお役立てください。

1.ERPシステムとは

ERPとは、「Enterprise Resource Planning」の略称で、企業が保有する「ヒト・モノ・カネ・情報」などの資源を、一元的に管理するシステムのことです。ERPシステムの導入で一元管理を行えば、経営における効率アップが見込めるだけでなく、自社内で企業資源をうまく有効活用できます。

また、ERPと似たシステムに「基幹システム」がありますが、両者の特徴は異なります。基幹システムは、バックオフィス業務のサポートを主としており、生産管理や会計など業務ごとに独立システム化している点が特徴です。

一方、ERPシステムでは企業における業務を統合的に管理できるため、データを連携する手間なく、企業資源をスムーズに活用できます。

2.建設業向けERPシステムを導入するメリット

建設業において、ERPシステムを導入するメリットとして、主に以下の4つが挙げられます。

・業務効率を向上できる
・データを一元管理できる
・内部統制を強化できる
・経営判断の的確性・スピードを向上できる

まず大きなメリットとして挙げられるのが、営業や人事、経営などの企業情報をまとめて管理することにより業務効率を向上できる点。ERPシステムでは入力した数値情報などがリアルタイムで反映されるため、部署間を横断した情報共有も迅速にできるためです。

また、社内の情報を統合的に管理することで、各部門・部署が管理するときのように情報の抜けや漏れを防ぎやすくなり、内部統制を強化できる点もメリッだと言えるでしょう。

さらに、企業資源を統合的に管理することによって、経営者層はより俯瞰的な視点で情報を精査でき、経営判断における的確性・スピードの向上を狙うことが可能です。

3.建設業界向けERPシステムのおすすめ6選

ここからは、建設業向けERPシステムの中でもおすすめを6つご紹介します。自社への導入を検討する際の参考にしてください。

ガリバーシリーズ

ガリバーシリーズ 建設クラウドERP『ガリバーシリーズ』は、小規模から中小・中堅規模の建設業・工事業向けのERPシステムです。
接続数および機能の範囲によって、「ガリバーNEXT」「ガリバー・プロステージ」「ガリバーEnterprise」から選択することができます。

近年、内部統制や電帳法、インボイス、新収益認識基準など、新たに対応しなければいけない業務が増えており、全社統合型のシステム必要性が高まっています。このため、システム導入の難易度も上がっており、最適な運用プランの検討サービスとして用意されている「Fit&Gapコンサルティング」の利用がおすすめです。

ガリバーシリーズ公式サイトはこちら

GRANDIT

『GRANDIT』は、プロジェクト(工事)や売上、収支に関する管理機能を備えているクラウド型のERPシステムで、長期にわたる工事に対する分割検収・分割計上などの対応も可能です。

また、工事台帳からの材料・外部委託の手配処理も行えるため、便利に活用できるでしょう。

 GRANDIT公式サイトはこちら

OBIC7

『OBIC7』は、自社のソリューションに合わせて形態を選べるERPシステムです。例えば、「建設工事業向け統合ソリューション」では、売上や入金などの会計情報、案件数や進捗率などの非会計情報を統合的に管理できます。

経営指標分析や業績評価をスムーズに実行できるため、経営判断の効率化も期待できるでしょう。

オービック公式サイトはこちら

e2-movE

『e2-movE』は、販売管理システム「e2movE 販売」や、工事原価管理システム「e2movE 工事管理」などの各システムがパッケージ化されたERPシステムです。

例えば、「e2movE 工事管理」では工事管理や出面管理などが可能となっており、パッケージとして導入することで、建設・建材業に関する業務を一元的に管理できます。

e2movE公式サイトはこちら

GLOVIA smart建設

『GLOVIA smart建設』は、契約・工事・購買・入金などの管理機能を備えているほか、他の会計情報システムとの連携も可能なERPシステムです。

また、工種・費目を自社の管理形態に合わせた実行予算管理ができ、グループ会社の情報を統合できる「マルチカンパニー機能」を備えていることも特徴的です。

GLOVIA smart建設公式サイトはこちら 

EXPLANNER/C

『EXPLANNER/C』は、受注管理や実行予算管理、工事原価管理など基本のシステムに加え、オプション機能として経営管理や販売管理のシステム追加も可能なERPシステムです。

個別の工事案件では、現場担当者の入力情報がリアルタイムで反映され最終原価予測が可能なため、経営状況を俯瞰的に把握したい場面でも役立つでしょう。

EXPLANNER/C公式サイトはこちら

4.まとめ

建設業向けERPシステムを導入することによって、企業資源を一元的に管理できるようになり、業務の効率化や内部統制の強化など、さまざまなメリットが期待できるでしょう。

建設業向けERPシステムの中でも『ガリバーシリーズ』は、小規模から中小・中堅規模の建設業・工事業向けのERPシステム。導入後も豊富な専門知識を持つスタッフのサポートが受けられるのでおすすめです。

ぜひ本記事の内容を参考にしていただき、建設業向けERPシステムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 
あさかわKiwami導入事例

無料資料ダウンロード

建設業界の業務効率化や働き⽅改⾰に関する資料を無料でダウンロードできます 



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ガリバーシリーズ
ガリバー勤怠

おすすめ記事

気になるキーワード

アーカイブ

お問い合わせ
あさかわシステムズ
Facebook

CONTACT

 

建設業界に関する情報が満載

建設業界の業務効率化や働き方改革に関するノウハウや情報などを自動受信。

メルマガ登録フォーム

ご質問やお問い合わせはこちら

建設業界の業務効率化でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

お電話からのお問い合わせはこちら

東京
03-6812-8051
大阪
072-464-7831

受付時間 8:30~17:30
(土・日・祝日を除く)