建設業界の業務効率化や働き方改革に関する
ノウハウや情報などを紹介するニュースメディア

 
TOP  >  建設会計ラボ  >  コラム  > Win7のサポートは2020年に終了!Win10への移行の流れ

Win7のサポートは2020年に終了!Win10への移行の流れ

Win7のサポートは2020年に終了!Win10への移行の流れ
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年1月にWindoes7のサポートが完全に終了します。サポートが終了したOSを使い続けると、ウイルス感染や情報漏えいのリスクが高まるため、必ず新しいバージョンに移行しておきましょう。こちらでは、Windows7からWindows10への移行についてお伝えします。

1.2020年までにWin10への切り替えが必要

Windows7が2009年10月22日にリリースされてから、10年間サポートが提供されてきましたが、2020年1月14日に終了することになりました。これまではパソコンを保護するためのサポートや自動更新が行われてきましたが、サポート終了日以降はこのようなサービスが受けられなくなります。サポートのないOSを使い続けるのは危険です。トラブルを避けるためにも、2020年1月までにWindows10へ切り替えておきましょう。

2.建設業界こそパソコンの環境を整備する必要がある!

最近は建設業に活用できるさまざまなサービスが出てきています。建設業界こそパソコンの環境を整備する必要があります。

たとえばアプリです。工事現場の写真を撮影してそのままクラウド上で共有できるアプリや、現場ごとにチャットルームを作成できるアプリといった便利なアプリが多数配信されています。これらのアプリを使えば、業務の効率化が可能です。

また、クラウドサービスも活用できます。現在の建設業界は、人手不足や社員の高齢化に悩まされています。このような状況で生産性をあげるには、重複した仕事や人でなくでもできる仕事はできるだけコンピューターに任せなければなりません。クラウドサービスを利用すれば、ソフトを一つひとつ揃えなくても、充実したサービスが受けられ、生産性の向上が可能です。

3.OS移行の流れと注意点

現在Windows7を使っている方は、2020年1月までに必ず移行しておいてください。OSの移行は以下のような流れで行います。

現状の確認

まずは、現状の確認を行いましょう。現在使っているパソコンはWindows10に対応しているか確認してください。対応していない場合は買い替えを検討する必要があります。現在のハードウェア構成やOSの情報も確認しておいてください。

利用アプリケーションの確認

次に利用アプリケーションを確認します。デスクトップアプリだけでなく、Webアプリケーションも把握しておきましょう。

アップグレードの計画を立てる

確認が終わったら、アップグレードの計画を立ててください。全体のスケジュールを作成し、アップグレードするデバイスの検証をしてから予算を算出するといった流れで行うと、成功しやすくなります。

移行方法を検討

次に移行方法を検討します。職場の環境や目的に合った移行方法を選びましょう。方法には「アップグレード」と「クリーンインストール」の二つがあります。

移行の検証

本番環境に導入する前に、試験環境で動作をチェックしましょう。ハードウェアや周辺機器の動作、各アプリケーションが正常に動くかといったことを確認してください。

本番環境に導入

確認が終わったら本番環境へ導入します。事前に立てた計画に沿って導入を始めてください。

運用管理

導入が終わった後も運用管理が必要です。新機能の使い方を社員に教えたり、不具合の整備をしたりしましょう。

4.Win7のままで押し切ることは可能?

アップデートしたくない場合、Windows7のまま押し切ることはできるのでしょうか?サポートが切れていてもパソコンを使うことはできます。しかし、ウイルス感染や情報漏えいといったリスクがあるため、おすすめはできません。

マイクロソフトでは、製品発売以降に発見されたセキュリティ上の問題点や、プログラムの不具合を修正するために、更新プログラムを提供しています。不具合が修正されることによってパソコンが安全に使用できていますが、サポート終了後はこのようなサービスが一切受けられなくなります。

サポートの終了したパソコンを使うと、OSの不具合部分を見つけた第三者に侵入されたり、ウイルスに感染したり、フィッシング詐欺にあったりと、大変危険です。パソコンに保存している写真や個人情報が盗まれる恐れもあります。さらに、サポート終了後のOSを使っていて被害にあっても、自己責任になり、保障は受けられません。リスクを避けるためにも、サポート終了前にアップグレードしておくことをおすすめします。

5.まとめ

Windows7のサポートは、2020年1月14日に終了します。終了前に必ずWindows10へアップグレードしておきましょう。最近は、建設業界の方に役立つアプリやクラウドサービスが豊富に提供されています。これらのサービスを活用すれば、業務の効率化が可能です。移行を機に、ぜひ、業務に役立つアプリやサービスを導入してみてください。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4057281/windows-7-support-will-end-on-january-14-2020 https://www.microsoft.com/ja-jp/business/windows/endofsupport.aspx#menu02 https://hyzstudioblog.com/technology/3457/ https://www.lanscope.jp/trend/9614/ https://blog.mcdata.plus/preparation/genba-app/ https://www.cadjapan.com/topics/feature/other/2015/150601_autodesk.html https://www.jcc-cloud.jp/ https://sekokan-navi.jp/magazine/5583#top
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ガリバーシリーズ
メルマガ登録

おすすめ記事

気になるキーワード

アーカイブ

お問い合わせ
あさかわシステムズ
Facebook

CONTACT

 

建設業界に関する情報が満載

建設業界の業務効率化や働き方改革に関するノウハウや情報などを自動受信。

メルマガ登録フォーム

ご質問やお問い合わせはこちら

建設業界の業務効率化でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

お電話からのお問い合わせはこちら

東京
03-6812-8051
大阪
072-464-7831

受付時間 8:30~17:30
(土・日・祝日を除く)